Twitterにて更新情報を発信しています。是非フォローをお願いします!

Twitterを見る@prom_neverland

13巻そで部分のモールス符号

伏線/小ネタ
スポンサーリンク

モールス符号

3巻の最初で、ウィリアム・ミネルヴァが書いた本の蔵書票にモールス符号が描かれているということが明らかになります。

 

その後、ミネルヴァのペンからもモールス符号が投影されたりします。

 

このように約束のネバーランドでは、円形に描かれたモールス符号がお馴染みとなっています。

 

13巻そで部分にもモールス符号が

13巻の表紙を開いたところ、白井カイウ先生のイラストの周りにも円形に描かれたモールス符号があります。

 

Wikipediaのモールス符号の記事( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E7%AC%A6%E5%8F%B7 )を見ながら翻訳していくと、

「SHIRAIKAIU」→「白井カイウ」

と書いてありました。

 

同様に裏表紙のそで部分には

「DEMIZUPOSUKA」→「出水ぽすか」

と書いてありました。

 

まあ予想通りではあったのですが、小ネタとして。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました